AtelierCUBE

インテリア茶箱レッスン


インテリア茶箱レッスンのご案内です♪

日本伝統の収納箱「茶箱」は防湿、防虫、防臭にたいへん優れています。
インテリア茶箱クラブでは静岡県産の杉と内張りには、亜鉛鉄板を使用し熟練の職人さんが手作りした茶箱を採用。
茶箱本来の特性を生かしながら「収納して・座って・飾れる」家具仕立ての 茶箱が、「インテリア茶箱」(※登録商標)です。

見た目の美しさはむろんのこと、カメラや雑誌、着物やバック、シーツなど、豊富な茶箱サイズで収納用途も無限大に広がります。
また外側の布はボンドを使用しておらず、生地の傷みやお部屋のイメージチェンジによる生地の張り替えが容易にできますので、
長くご愛用いただけると思います。


エレガント・カジュアル・クラッシック・モダン…
あなたのお部屋に合うのは「べーシック茶箱」or「スパイス茶箱」
ご自分だけのお茶箱を作ってみませんか♪

アトリエキューブでは、心地よく美しく住まうためのインテリアづくりのお手伝いをさせていただきます。

                                      インテリア茶箱広島教室AtelierCUBE




◎コースについて
☆1Dayコース(1日で仕上げるコース)  10:00~17:00
 ※最初は小さな茶箱(サイズNoriMまで、スーパーキット仕様)がおすすめです。
 それ以上をご希望の方はあらかじめご相談ください。
 ※パッケージ生地(茶箱制作に向いた美しい生地をカットセレクト)もご用意しています。

☆2Dayコース(2日間で仕上げるコース) 13:00~17:00(月1回ペース)
 ※時間につきましては調整可能ですのでご相談ください。

☆プライベート&出張レッスン
 ※プライベートレッスンは1~2名様までのグループでのお申込みとなります。
 ご相談の上日程を決めさせていただきます。
 ※出張レッスンは2~3名様まで、遠方の場合はご相談の上とさせて頂きます。

◎サイズ表



◎受講料(1Dayコース)


◆受講料について
 受講料には茶箱キット+レッスン料が含まれます。別途送料がかかります。
 ※茶箱キットはスーパーキットか普通キットのどちらかをお選びいただきます。

◆キットに含まれるもの
 茶箱、補強板、スポンジ、綿、パックテープ、釘類、制作にかかる道具一式の貸し出し

◆ご用意していただくもの
 生地(①~⑤)、ロープ(⑥)又はブレード、グログランリボン(⑦幅7㎜前後)、お好みでタッセル等。
 ※パーケッジキットの他にもサロンのものからお選び頂くこともできます。

◆出来上がりサイズについて
 クッションが入るため出来上がりの高さは、茶箱サイズから約4㎝高くなります。

◆茶箱サイズについて
 「K]はKg(キログラム)の意味で茶葉がそのキロ数入ります。/「S]はショートサイズになり平箱で背の低いタイプです。

◆スーパーキットについて
 ボディーを整えたキットになり、従来の普通キットに比べ腰に負担なく作業いただける仕様にしています。
 初めての方や体力に自信のない方にはおすすめします。
 40K以上はスーパーキットをご使用いただきます。また1名様でのプライベートレッスンとなります。

◆一つ目の茶箱について
 はじめての方でも作りやすい小さな茶箱をおすすめいたします。(NoriMサイズまで、スーパーキット仕様)
 パッケージ生地(茶箱制作に向いた美しい生地をセレクト)もご用意しております。
 それ以上のサイズをご希望の方はあらかじめご相談ください。

◆オプションについて
 アーム・ヒンジ・キャスター・脚などは別途料金がかかりますので、お申込み時にお問い合わせください。
 ※仕様が異なるため発注後の変更はできません。

◆特別な生地(着物・帯・シルクやオーガンジーなど)をご使用になる場合
 ※2Dayコース、1名様でのプライベートレッスンとなります。
 ※着物や帯は2個目からの制作とさせていただきます。   
 ※詳細については別途お問い合わせください。


◎生地について(必要生地寸法(概算)及び注意点)  
 ※無地又は総柄生地で全てのパーツに同じ生地を使用することを前提としています。
 ※概算ですので寸法通りにご用意いただいても生地が余ることもあります。
 ※大柄、方向性のある柄を使用する場合は50㎝~100㎝多くご用意ください。
 ※避けた方がよい生地:ストライプ・チェック・ドット柄等の柄合わせが必要な生地、伸びすぎる生地
 ⇒パッケージ生地もご用意しています。




レッスンはご予約完了から約2週間後からとなります。
現在のレッスンは週末をメインにしております。(平日可能な場合もあります)
レッスンの日取りや茶箱サイズ、生地等についてのご相談がありましたらお気軽にお問合せください。~


 

inserted by FC2 system